BLOG

CMAブログ

株式会社シーエムエー ホームCMAブログ2023年9月に画像生成AI「Adobe Firefly」が正式リリース!Photoshopでどんなことができるのかやってみた

ホームページ制作 2023年9月に画像生成AI「Adobe Firefly」が正式リリース!Photoshopでどんなことができるのかやってみた

こんにちは。クリエイティブディレクターの深谷です。

2023年9月13日に画像生成AI「Adobe Firefly」が正式リリースされました!

今までベータ版のみの利用でしたが、
今回Photoshopに新しく「生成塗りつぶし」と「生成拡張」が導入されましたので、
実際に試してみた事例をご紹介させていただきます。

Adobe Firefly 画像生成AI

Adobe Fireflyとは?

Adobe Fireflyとは、Adobe社が開発した画像生成AIを活用し、
テキスト入力するだけで、AIが写真やイラストなど自動生成してくれるサービスです。

日本語を始め、100以上の言語に対応しているため、
細かな指定も可能となりました。


鳥のイラスト:「カラフルで飛び立とうとしているイラストで作成された鳥」と入力して生成

Adobe Fireflyで出来ること

生成塗りつぶし

選択した要素の削除や、指定した要素に置き換えができます。

生成拡張

画像の縦横比を変更して拡張することができます。

その他の機能

テキスト効果

テキストに指定したデザインを適用することができます。

生成再配色

別のカラーバリエーションを生成します。

3Dから画像生成

3D要素に指定したデザインを適用することができます。

Photoshopの事例紹介

■生成塗りつぶし

元素材の背景を選択して「日本のオフィスで働く風景」と入力して生成。候補が3つ生成されもう一度生成すると新しく3つが再生成される

■生成拡張

切り抜きツールで希望のサイズまでドラッグし生成。AIが自動で拡張エリアを生成して完成

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Photoshopで「Adobe Firefly」を活用すると、
今まで写真加工に数時間費やしていた作業が、一瞬で完了することができました。

たまに意図しない生成もありましたが、
機械学習が進むにつれ精度の向上が期待されます。

実践でも十分に活用できるサービスでしたので、
今後も積極的に使っていきたいと思います。

※生成AIの使用につきましては、ユーザーガイドラインをご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事ランキング

  • posted on 2023/02/082023年度版 Google PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)を使って読み込み速度を改善したら、何点になるのかチャレンジしてみた

  • posted on 2018/04/11構造化マークアップはSEO対策に効果があるのかやってみた

  • posted on 2021/02/10インスタグラムが突然表示されなくなった!最新のInstagram Graph API(v9.0)を使って再表示する方法とは

  • posted on 2018/10/31無料でGoogleマイマップの配色とアイコンを自由にカスタマイズ!Webサイトのデザインテイストに合わせるやり方とは!?

  • posted on 2022/10/21DockerでPHP環境を簡単に構築してみよう

おすすめタグ

CONTACT

お問い合わせ

053-459-1510
営業時間 9:00~18:00(土日祝除く)
ご不明な点やご相談などお気軽にご連絡ください
お問い合わせ