株式会社シーエムエー

053-459-1510

CMA BLOG

株式会社シーエムエー ホーム > CMA BLOG > SEO対策 > 常時SSLが必須に! 7月リリースのGoogle Chrome 68からhttps未対応では 「保護されていません」と警告表示が開始!

SEO対策 ホームページ制作 常時SSLが必須に! 7月リリースのGoogle Chrome 68からhttps未対応では 「保護されていません」と警告表示が開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。デザイン部部長の坂本です。

2018年7月24日に「Google Chrome」がのバージョン68にアップデートされました。
https未対応のサイトではアドレスバーに 「保護されていません」と警告表示されるようになりました。

今まではお問い合わせなどの入力フォームのページでSSL化していれば問題なかったのですが、
今後はすべてのページがSSL化の対象になります。

SSL(Secure Sockets Layer)は、インターネット上でデータのやりとりを暗号化することで
悪意のあるハッカーからの攻撃や、個人情報の漏洩を防ぎます。
ユーザに安全で安心にご利用いただくためにも常時SSL化は必須と言えるでしょう。

また、日本におけるGoogle Chromeの国内のシェアは51%もあり影響は大きいと言えます。

■ 国内のブラウザのシェア(2018年6月)
http://gs.statcounter.com/browser-market-share/desktop/japan/#monthly-201807-201807-bar

Google Chrome67までの表示

今まで(Google Chromeのバージョン67)

https対応なら「保護された通信」となり緑色になります。https未対応だとグレーで警告のアイコンが表示されるだけでした。
図:Google ChromeのアドレスバーにおけるHTTPSとHTTPの表示の違い

これから(Google Chromeのバージョン68)

https未対応だと「保護されていません」と警告が文字で表示されるようになります。
図:Google Chromeのバージョン68の表示例

常時SSL対応の手順

今回は専用サーバ(VPS)をご契約し、独自SSLを設置した場合でご説明します。

【1】SSL証明書の発行
【2】htaccessでhttp→httpsにリダイレクト設定
【3】Wordpressの設定の変更
【4】外部サービスの読み込みファイルやJavascriptのパスを変更する

【1】SSL証明書の発行

SSLの証明書の発行はサーバ会社によって取得方法が違うため、
ご契約しているサーバ会社のWebサイトや問い合わせをして確認してください。

【2】htaccessでhttp→httpsにリダイレクト設定

ルート直下に以下の記述を追加してください。
プランによってはhtaccessが設置できないサーバもありますので、
ご契約のサーバ会社に問い合わせて確認してください。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

【3】Wordpressの設定の変更

WordPressなどのCMSをお使いの場合は「Wordpressアドレス」や「サイトアドレス」の設定をhttp→httpsに変更してください。
図:Wrodpressのパス

【4】外部サービスの読み込みファイルやJavascriptのパスを変更する

httpから始まるURLで読み込んでいる場合、httpsに変更してください。
外部サービス自身がSSL化対応されていなければ保護されませんのでご注意ください。
図:埋め込みパスの確認

Google Chromeの今後の流れ

Google Chromeのバージョン70が2018年10月頃に予定されています。
三角形の警告アイコンと赤文字で「保護されていない通信」と表示されるようになると言われています。
ユーザーに対しての安心感・信頼感をしっかり担保するためにも
早めの対応をしていきたいですね。

まとめ

ご契約しているサーバ会社によってSSLの証明書の導入方法は
違いますのでSSLの証明書をこれからの導入する場合は、
契約しているサーバ会社やホームページを制作した会社に一度問い合わせてみてください。

シーエムエーでは常時SSL化導入のサポートも行っています。
ご相談も承りますのでぜひお問い合わせください。

人気の記事ランキング

  • posted on 2018/07/05まだ間に合う!? 7月16日以降もGoogle Maps APIの地図を無料で使い続ける方法とは?

  • posted on 2018/05/23Google Chromeで動画が再生されない

  • posted on 2018/04/11構造化マークアップはSEO対策に効果があるのかやってみた

  • posted on 2018/05/30HTML5広告でクリック率が3.1倍にUP!

  • posted on 2018/09/05Zapierを使ってブログとSNS(Twitter・Facebook)を自動連携!トラフィック増大でSEO対策も

Top