« GoogleFeedAPIの動作停止について | WEBコンサルティングブログトップ | 日本の棚田百選地と湯道、出会い橋 »

2016年1月21日

弊社サイトのブラウザシェアを調査しました。

遅くなりましたが、新年最初の更新となります。
本年も宜しくお願い申し上げます。

先日IEのサポートポリシー変更の件があり、古いバージョンのIEがサポート対象から外れました。セキュリティアップデートも今後行われないと思いますので、古いバージョンを御利用の方は、お早目のアップグレードをオススメします。

そのようなことを考えている時に、そういえばIEシェアってどうなっているのかなと思いまして、参考程度ではありますが自社サイトの比率を調査してみましたので公開します。

※業種業態によって比率は異なりますので、一つの参考としてご覧ください。
※期間:2015年10月-12月の3ヶ月間

201601211.JPG

ChromeがIEの倍近くあります。
Safariも思っていたより高い印象です。iPhone、iPadの伸びでしょうか。

続いて、過去に調べたデータと比較してみます。

※期間:2013年1月-6月の6ヶ月間

201601212.JPG

2年ほど前はChromeとIEの関係が逆でした。
Firefoxは変わらずで、Android Browserは減少しています。

さらに、IEのバージョンごとに見てみます。

201601213.JPG

直近はIE11がシェアの大半を占めていますが、前回調査時はIE9とIE8で割れていました。IE10はひっそりと数を減らしています。


IEもいつかはEdgeに切り替わる時が来るのか、はたまたIEに原点回帰していくのかわかりませんが、めまぐるしく動きの早い世界だなと思います。
また1年後くらいに状況を見てみます。

投稿者 akind745 : 2016年1月21日 11:36

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akindo2000.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1193