2013年3月

Yahoo!プロモーション広告について

ネット広告に取り組んでいる方はご存じの方が多いと思いますが、1月末にYahoo!が広告ソリューションを一新しました。この概要について今回は改めてご案内したいと思います。

以前と名称が変わりましたので、まずは名称から整理します。

(これまで)
Yahoo!リスティング広告
-スポンサードサーチ
-インタレストマッチ

(変更後)
Yahoo!プロモーション広告
-スポンサードサーチ
-Yahoo! ディスプレイアドネットワーク(YDN)

大きな変化としては Yahoo!プロモーション広告のメニューとして、新たに「Yahoo! ディスプレイ アドネットワーク(YDN)」がリリースされたことではないでしょうか。

広告メニューの概要についても、以下にまとめます。

まず、スポンサードサーチは検索連動型のユーザーの入力した「キーワード」に連動する広告です。キーワード広告という呼び名では馴染み深い方も多いと思います。キーワードという形で表れたユーザーのニーズに合わせて検索結果画面に広告を掲出できます。
お問合せや売上に直結するような効率的なアプローチが可能です。

一方、Yahoo! ディスプレイアドネットワークは、ユーザーの「興味」に連動して広告を掲出することができます。閲覧中のページや過去の閲覧履歴や検索キーワードに応じて、最適な広告を掲載することが可能です。
インタレストマッチの頃はテキスト表現しかできませんでしたが、現在はバナー画像でバナー広告としても掲出することができるようになりました。ブランディング目的に有効です。

また、広告の表示先ですが、Yahoo!の提携パートナーだけではなく、Yahoo!自体の第二階層に表示されます。料金体系はクリック課金型ですので、 自社で定めた予算の範囲で、Yahoo!内にバナー広告が出せることが大きなメ リットではないでしょうか。

さらに、Googleアドネットワークをお使いの企業様には朗報です。バナー画像のサイズはほぼ統一されており、今お使いのバナーを転用することが可能です。 Google、Yahoo!双方のアドネットワークを活用すればネットユーザーへのリーチ が大きく広がります。

参考までに一覧表にまとめました。
banner.JPG


もし、新商品や新サービスの告知をお考えであれば、ぜひYahoo! ディスプレイアドネットワークをご利用ください。

お問い合わせはこちらから。
https://www.akindo2000.net/cgi-bin/contact/form.cgi

投稿者 akind745 : 2013.03.25 13:41 | トラックバック ( 0 )