2012年12月

レスポンシブWebデザイン対応サイトをリリースしました。

皆様、お久しぶりです。
年末の繁忙を言い訳にブログをご無沙汰しておりました。

さて今回は、レスポンシブWebデザイン対応サイトのご紹介です。
ではさっそく制作事例からご紹介します。↓↓↓

【ピアノ調律工具のイトーシンミュージック様】のWebサイトをリリースしました。
201212.JPG

※レスポンシブWebデザインとは
スマホ、タブレット、PCをワンソースで構築し、CSSとjavascriptでデザインを切り替える手法

イトーシンミュージック様の事例の通り、レスポンシブWebデザインでは1つのデザインを組み替えて、スマホ、タブレット、PCに対応しています。

今まで通り、PC、スマホサイトそれぞれ作っても問題ありませんが、レスポンシブ対応には大きなメリットがあります。
例えば今までは更新の際に、PC用のページを直して、同じ修正をスマホ用ページでも行わなければいけませんでした。(それぞれ独自構築の場合)
レスポンシブ対応であればワンソースを修正するだけのため、このような更新の二重管理を防ぐことができます。
管理労力も更新コストも一元管理で効率化できるのがポイントです。
さらに、新しいOSやデバイスが増えるたびにページを修正する必要もありません!

ただし、当然デメリットもありますのでご注意ください。
スマホ、タブレット、PC全て対応するため、繊細で細かいデザイン表現が難しくなります。
加えて、新規制作時の設計に掛かるパワーは今までより大きくなります。
事前の設計が肝心要です。

難しい部分もありますが、メリットの大きい技術です。
今後も制作ノウハウを蓄えていきますので、レスポンシブをご検討のお客様はぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら

投稿者 akind745 : 2012.12.21 20:42 | トラックバック ( 0 )