Facebook広告レポートを知ろう

最近御出稿頂くお客様が増えているFacebook広告ですが、Yahoo!、Googleの広告では見かけない専門用語もたくさん登場します。

弊社からレポートを提出させて頂く際は、極力脚注を加えたりわかりやすく工夫しているつもりですが、今回のブログで整理させて頂こうと思います。

まず基本的な用語の説明です。

リーチ : 広告が表示された人の数。1回以上広告を見た人の人数です。

ソーシャルリーチ : ソーシャル情報と一緒に広告が表示された人の数。
友達の〇〇さんが「いいね!」しています。といった形でソーシャルでの繋がりと合わせて広告が表示されたケースのデータです。

アクション数 : 広告が表示された後に、ページへの「いいね!」など
それを見た人がその広告をクリックしたかどうかにかかわらず、広告、ページなどに対して起こしたアクションの数。
   
ここまでは新しい単語という印象ですが、以下については私も当初解釈に悩みました。

【獲得したクリックの合計回数に対してのクリック数】

【誘導するリンクに対してのクリック数】

用語だけ見てもわかりませんよね。

【獲得したクリックの合計回数に対してのクリック数】は、広告からのリンククリックだけではなく、広告画像の拡大表示、「いいね!」などの記事へのアクション全てのアクションをカウントしています。

一方【誘導するリンクに対してのクリック数】は、リンクをクリックした数だけをカウントした数です。

同じ広告で、同じクリック数なのに結果の開きが大きいという時は、広告画像の拡大表示をカウントしているかどうかで差がついているのかもしれません。


このような用語の問題もありますが、、、Facebook広告自体は、綿密なターゲティングもでき、ソーシャル情報の間に発信ができる魅力的な媒体だと思います。

Facebook広告について御興味をお持ちのお客様、ぜひお問い合わせください。

投稿者 akind745 : 2017.07.27 15:22 | トラックバック (0)

このエントリーをはてなブックマークに追加

チャレンジステージを開催しました。

当社ではデザイナー職でアルバイトや試用期間を設けた方の正社員登用試験として、チャレンジステージという成果発表会を行っております。

全社員の前で、自分が取り組んだ課題を発表し、全員で評価をする場となります。
課題は自分で自由に決めることができますが、自分の力で一つのWebサイトを作り上げる形式だけではない本当のチャレンジです。

6月27日(水)チャレンジステージが開催され、半年間頑張ってきたSさんが成果を発表し、満場一致を持って正社員として迎えられました。

今後の活躍を全員期待しています!

IMG_0472.JPG

投稿者 akind745 : 2017.06.30 19:46 | トラックバック (0)

このエントリーをはてなブックマークに追加

AMP勉強中です。

皆様こんちには。
同業の方からツッコミが入るかもしれませんが、遅ればせながらAMP勉強中です。

AMPは、Accelerated Mobile Pagesの略で、Googleが進めているモバイルページの高速化プロジェクトです。

ユーザーにとっては、高速化、データの軽減といった具体的なメリットがあります。一方事業者にとっては、カルーセルや検索結果一覧に掲載されるというメリットがあります。

以下は「静岡市 ランチ」で検索した結果ページです。

IMG_0443.PNG

検索結果をクリックしてみると、確かに速いです。
というより、驚くほど速いです。

上記はグルナビの個店ページでした。新聞やニュースなどのメディアサイト、最近ではZOZOタウンや楽天、メルカリなどのECサイトも対応してきています。


AMP対応にあたっては、AMP用のHTMLを作成する必要があります。

既存のHTML/CSS/JavaScriptの一部が制限されており使えません。
AMPが用意しているタグに合わせて構築していきます。

弊社では試験運用をしている段階で、まだ正式にお客様にご案内させて頂いておりません。重要テーマとして取り組んでおりますので、準備ができ次第御提案させて頂ければと思います。

ではまた次回もよろしくお願いします。

投稿者 akind745 : 2017.06.01 19:14 | トラックバック (0)

このエントリーをはてなブックマークに追加