« ネットショップ集客 GoogleAdWordsの活用 その2 広告の品質 | ECコンサルティングブログ ~ネット通販運営支援~トップ | Googleアナリティクスの機能を試してみることができるデモアカウントが登場 »

2016年5月 8日

ネットショップ集客 GoogleAdWordsの活用 その3 広告の費用

前回のブログでは「Google Adwords」(グーグルアドワーズ)における「広告の品質」についてご紹介させて頂きました。


ネットショップ集客 GoogleAdWordsの活用 その2


今回は「広告の費用」についてご紹介させていただきます。


「Google Adwords」(グーグルアドワーズ)の広告費用はみなさん自身が自由に設定することができ、広告掲載に必要な「最低利用料金」等もありません。その代わりに、1 日の広告予算を設定し、その広告予算の運用方法を選ぶ、という形となります。


楽天市場やYahoo!ショッピング等ショッピングモールの純広告と異なり、広告から発生した売上をはじめ、アクセス人数、転換率など細かいデータを管理画面やレポートで確認することができるため自社ネットショップを運営している方々には非常に使い勝手のよい広告であるといえます。


例えば1日に3,000円の広告費を設定した場合は3,000円×30日で1か月約9万円の広告費で運用を行うこととなります。運用の途中で広告費の追加や一時停止なども可能です。そしてこの「予算の運用方法を選ぶ」というのは、「入札単価の設定方法」を選ぶことを指します。入札単価の設定方法には主に以下の3つの方法があげられます。


・クリック重視

・インプレッション重視

・コンバージョン重視


これら「Google Adwords」(グーグルアドワーズ)予算の運用方法について、非常にわかりやすい動画が用意されていますのでまずはこちらをご覧ください。



皆さんが掲げる目標に基づいて上記いずれからの単価制を選択します。それではこの3つの単価設定方法についてもうちょっと詳しく説明をします。


■クリック重視 


ウェブサイトにユーザーを誘導することが主な目標の場合は、まずクリック重視から始めることをおすすめします。



運用している自社ECサイトではさまざまな「陶芸関連用品」を販売しており、サイトの訪問ユーザー数を増やすことが主な目標であるとします。1 か月の広告費用はおおよそ決まっており、特に目立たせたい商品はありません。この場合には、クリック数の最大化を活用すると、指定した全体の予算額の範囲で、より多くの見込み客をwebサイトに誘導することが可能です。


クリック単価(CPC)制では、ユーザーが実際に広告をクリックしてサイトにアクセスした場合にのみ、料金を支払う形となります。クリック単価制には、次のオプションがあります。


・自動入札機能
最も簡単な入札方法です。1 日の予算を設定すると、予算内でクリック数が最大となるよう「Google Adwords」(グーグルアドワーズ)システムによりクリック単価が調整されます。


・個別単価設定
クリック単価を個別に、自由に調整できます。個別単価設定では、広告グループ単位、キーワード単位、広告プレースメント単位で入札単価を設定できるため、重視するクリックに対して思ったとおりの入札単価を設定できます。


■インプレッション重視


ディスプレイ ネットワークのみをターゲットとするキャンペーンの場合は、クリックに基づく支払いではなく、広告が視認可能な回数に基づいて料金を支払う設定にすることもできます。この視認可能なインプレッション単価(vCPM)制では、広告の 1,000 回の表示および視認可能な状態に対して広告費を支払う形となります。


ネットショップを開店したばかりで、ショップ名やロゴをできるだけ多くのユーザーに表示し、認知度アップを目的とする場合は、この単価制が効果的です。クリック単価制の個別単価設定と同じように、視認可能なインプレッション単価制では、広告グループ単位または個々のプレースメントに対して個別に入札単価を設定することが可能です。


■コンバージョン重視(検索広告、ディスプレイ広告、ショッピング広告の場合)


この入札単価制では、1 回のコンバージョンに対して支払うことが可能な金額を設定することができます。コンバージョンとは、ウェブサイトで行われることを期待する特定のユーザーの行動のことで、「ユーザー獲得」とも呼びます。基本的には商品やサービスの購入ですが、webサイトへの会員登録、メールマガジンの購読などの場合もあります。


クリック 1 回に対するお支払いとなりますが、指定したコンバージョン単価でできるだけ多くのコンバージョンを獲得できるように、入札単価が自動的に設定されます。

コンバージョン単価を使用するにはコンバージョン トラッキングを有効にする必要があるため、まずは「クリック単価制」を利用し、その後「コンバージョン単価制」の利用をおすすめたします。


それでは「広告の費用」についての説明はここまでとさせて頂きます。


次回は「Google Adwords」(グーグルアドワーズ)の「キャンペーンの設定」についてご紹介させていただきます。


毎日のネットショップ運営をしながら上記のような広告運用に関する知識・情報をもとに実績をチェックし、PDCAを廻してゆくことは非常に手間がかかります。


シーエムエーではネットショップ集客のためのリスティング広告導入にあたっての初期ご相談を無料で受付しております。


・すぐにリスティング広告を実施したい


・社内に適切な人材がいない


・社内でリスティング広告を運用、成果があがらない


といったお悩みを抱えているネットショップご担当者さま、
ぜひ一度お気軽にお問合せ下さい。


リスティング広告の導入・運用改善に関するご相談はこちら

投稿者 Naoki Yamada : 2016年5月 8日 22:19

このエントリーをはてなブックマークに追加