« ネットショップ集客 リスティング広告導入前に必要な3つの手順 | ECコンサルティングブログ ~ネット通販運営支援~トップ | ネットショップ集客 GoogleAdWordsの活用 その2 広告の品質 »

2016年4月 9日

ネットショップ集客 GoogleAdWordsの活用 その1 広告の掲載場所

1Google-AdWords(アドワーズ.jpg


前回はネットショップ集客のために今でも有効な「リスティング広告」について、導入前に必要な3つの手順を紹介させていただきました。


今回は「Google Adwords」(グーグルアドワーズ)を利用した場合、どこに広告が掲載されるのか、についてご紹介させていただきます。


Google Adwords(グーグルアドワーズ)広告が掲載される場所のことをGoogle広告ネットワークといいます。

Google広告ネットワークは以下の2つから構成されています。


■Google検索ネットワーク
unnamed.png


■Googleディスプレイネットワーク
Google ディスプレイ ネットワーク.png


Google Adwords(グーグルアドワーズ)を利用した場合、上記のいずれか、または両方のネットワークに広告を掲載することができます。広告掲載先となるネットワークは、キャンペーンを作成する際に選択するキャンペーンのタイプによって決まります。キャンペーンの作成方法等については今後ご紹介させていただきます。


Google広告ネットワークについてわかりやすい動画が用意されていますのでこちらをご覧ください。



それではGoogle検索ネットワークとGoogleディスプレイネットワークの違いについて説明します。


Google検索ネットワーク


Google検索ネットワークには、Google検索、Googleのその他サービスサイト(例:Googleマップ、Googleショッピングなど)のほか、検索結果と連動したGoogle AdWords広告を掲載しているGoogle以外の検索パートナーサイトが含まれます。


代表的な検索パートナーサイトには以下のようなサイトがあります。


・AOL.JP
・Ask.com
・BIGLOBE
・goo
・Infoseek
・livedoor


Googleの検索画面以外で検索された場合でも御社で取り扱っている商品の紹介ができる、ということになります。Google検索ネットワークでは、Google検索結果の上部にテキスト広告を表示することが可能になります。


------------------------------------------------------------
※以前は検索結果の右側にも広告が表示されていましたが、2016年2月から検索結果の右側には広告が表示されなくなりましたので注意が必要です。


また検索結果上部の広告枠については、需要の高いクエリに限り、新たに1つ広告枠が追加されている模様です。


今まで右側上部を狙って広告を設定していた場合、その運用が通用しなくなりましたのでキーワード毎の単価調節等、対応が必要となります。

参考:Search Engine Land(英文)
------------------------------------------------------------


これらをまとめると、Google検索ネットワークでは特定の商品やサービスを活発に検索しているユーザーに広告を表示することができる、ということになります。


つぎにGoogleディスプレイネットワークについてご紹介します。


Googleディスプレイネットワーク

Googleディスプレイネットワークには、Googleの関連サービスのウェブサイト(Google Finance、Gmail、Blogger、YouTube など)、Googleパートナーサイトのほか、ページのコンテンツと連動した AdWords広告を掲載しているモバイルサイトおよびスマートフォンアプリが含まれます。

Googleパートナーサイトには以下のようなサイトがあります。


・YouTube
・ameblo
・価格.com
・食べログ
・mixi


Googleディスプレイネットワークでは、バナー広告や動画など、テキスト広告よりも訴求力の高い広告フォーマットで、さまざまな関心分野を持った幅広いユーザー層に広告が表示できます。


Google検索ネットワークを利用して商品やサービスを検索しているユーザーはすでに自分の必要なモノ、コトが顕在化している、とするとGoogleディスプレイネットワークではまだ自分の必要なモノ、コトが顕在化していないユーザーに働きかけるネットワークであるといえます。


またGoogleディスプレイネットワークでは広告掲載先と見込客となるターゲットユーザーをより具体的に指定することが可能ですのでこちらがGoogle検索ネットワークとの違いとなります。


以上からGoogle検索ネットワーク、Googleディスプレイネットワークのどちらに広告を配信するかは「購買決定プロセス上どのあたりにいるユーザーに対して情報提供したいか」によって決定されるものとなります。


次回は「広告の品質」がどのように決定されるかについてご紹介させていただきます。


シーエムエーではネットショップ集客のためのリスティング広告導入にあたっての初期ご相談を無料で受付しております。


・すぐにリスティング広告を実施したい

・社内に適切な人材がいない

・社内でリスティング広告を運用しているが成果があがらない


といったお悩みを抱えているネットショップご担当者さま、
ぜひ一度お気軽にお問合せ下さい。


リスティング広告の導入・運用改善に関するご相談はこちら

投稿者 Naoki Yamada : 2016年4月 9日 13:28

このエントリーをはてなブックマークに追加