« Googleアナリティクスのeコマース分析機能について | ECコンサルティングブログ ~ネット通販運営支援~トップ | ネットショップ担当者様におすすすめ!
Googleアナリティクス レポート機能 »

2016年1月14日

Yahoo!ショッピング、ポイント原資負担料率を変更。1%から2.5%へ

Yahoo-ショッピング

2016年01月12日、「Yahoo!ショッピング」は各ストアが負担するポイント原資負担料率を変更すると発表しました。詳細は以下の通りです。

変更日:2016年4月1日(金)
変更項目:ポイント原資負担料率
変更内容:販売価格(税込み)の1%から2.5%へ

なおエンドユーザーへの付与率はは従来どおり1%で変更なし、その他売上ロイヤルティはじめ、アフィリエイトパートナー報酬原資、アフィリエイト手数料、決済手数料等についても変更されない模様です。

ポイントの計算方法等については以下のようになります。

(A)税込商品価格×1% ※端数切り捨て
(B)税込商品価格×1.5% ※端数切り捨て
(A)と(B)の合計で2.5%

税込商品価格に2.5%を掛けた場合、算出金額が異なる場合があるので1%分と1.5%分を分けて計算し、合計する必要があります。

またストア設定倍率を1%以上に設定している場合は、商品価格に対しまず1%の料率を掛け、 端数を切り捨てた後に、ストア設定倍率、商品個数を掛けます。(A)
さらにその後、商品価格に対し1.5%分を掛け端数を切り捨てた金額に商品個数を掛けます。(B)

上記(A)と(B)を足した金額が各ストアへの請求金額となりますのでご注意下さい。

「Yahoo!ショッピング」では各種ポイントキャンペーンを継続的実施しており、いままでは「Yahoo!ショッピング」が負担していましたが今回のポイント原資負担料率によってこれらポイントキャンペーンの原資一部を店舗に負担してもらう形になったといえます。

当社のクライアントさまとお話をさせて頂くなかで、最近「Yahoo!ショッピング」の担当ECCさんが積極的に連絡をくれるようになった、とのお話を伺うことが多くなりました。

楽天市場、Yahoo!ショッピング、ポンパレモール、自社ECサイト、とエンドユーザーがショッピングを行う場所が以前より分散してきている印象をうけることも増えてきました。

ストア側はエンドユーザーの動きに合わせた出店、また店舗が増えても作業効率が落ちない店舗運営が、より必要とされてきていると思われます。

シーエムエーでは上記の様なECサイトの複数出店・運用についてのご相談も承っておりますのでぜひお気軽にお問合せ下さい。

投稿者 Naoki Yamada : 2016年1月14日 09:57

このエントリーをはてなブックマークに追加